転職活動

私が転職を考えた理由

私は母が経理事務職、父が公務員といういわゆる固い仕事で生きている両親を見て育ちました。

近所に住む親せきのおじも公務員でしたから、小さい頃、中学に入るまでは私も公務員になるのだろうなとなんとなく思っていました。

これは公務員という仕事が正確にどういうものかを理解してそう考えたのではなく、身近な人、手の届く範囲にある人が公務員という仕事についていたというだけのことなのです。

けれども、世の中には実に多くの職業があることを知り、少しづつ自分の将来というものを考え始めた時に、いろいろなことを考え始めました。

「食べていくためには多少のつらいことも我慢しなければならない。それが仕事というものよ」

両親からはよくそんなことを言われたものです。

そう言いながらも、言いたいことを言わずにはおれない私の母は、「女も仕事を持って当たり前」と父のいないところで私に言ったものです。

それでも高校生となるころにはなんとなく「大学に進もうかな?」と思うようになったのですが、自分の将来をまだまだぼんやりとしかイメージできなかったのです。

大学では経営学を専攻したのも、つぶしがききそうだからというだけのものでした。

時間だけはたっぷりとある学生時代です。

じっくりと時間をかけて一生の仕事を探せると思ったのですが、卒業するころには折からのバブル崩壊後の不況で、就職難の時代に入りました。

特に女子大生の就職難は深刻で、長く続けられそうな総合職での採用は極端に少なく、結婚までの腰かけのイメージの強かった一般職でも内定が取れればいい方というほどでした。

長く続けられそうな堅実な仕事を探してみたものの、時代背景もあって女子大学生にはなかなか見つからないものでした。

そんな中、現実の厳しさに直面した私は、自分の職業観を真剣に見つめなおしてみたことと、いろいろな情報を入手する中で、資格を取るしかないと思うようになりました。

結局、卒業までに就職先を決めることもできず、資格を取ろうと考えていろいろな情報を入手する中で、看護師のことを真剣に考えるようになったのです。

大学は卒業して、アルバイトをしながら、看護学校に入学することにしました。

一見華やかに見えるマスコミとか大企業のOLとかは自分には向かないということはわかってはいました。

地味な仕事でも体と頭を使って、汗水たらして働く仕事、しかも生半可な覚悟ではとても続かないのが看護師という仕事であることを十分理解して上で、看護師という職業を選びました。

ですからきつい仕事であることは看護師になる前から覚悟はしていましたし、楽で休みも多くて、給料もよくてなんて仕事は必ずウラがあると思うのです。

ですから私は看護師という仕事をしている自分にプライドを持っていますし、自分の仕事内容がきちんと評価されないことには我慢がなりません。

これが私が転職活動を始めた理由であり、現在も求人を探している理由なのです。

2014年6月10日|

カテゴリー:転職活動

評価される職場を探すということ

看護師に限らず、自分の給料に不満を持ちながら何かもやもやとした気持ちのままで仕事そしている方って多いでしょう。

先日高校時代の友人と久しぶりに食事をしたのですが、そのとき「看護師ってお給料いいんでしょう?」という彼女の言葉から始まって給料の話題になったんです。

彼女は中小規模の出版社で編集の仕事をしているのですが、入社6年目にして手取りで20万円ほどとのこと。

私の手取りが33万と聞いて驚いていましたが、誤解があるといけないので、普段の仕事の様子を詳細に伝えたところ納得して、「ああ、私にはとても出来ない」といっていました。

夜勤の際の巡回のこと、寝たきりの患者さんの摘便のこと、その他もろもろのことを話したんです。

彼女最初の「結構もらってるんでしょう?」という意識はすっかりなくなり、ついには「ぜんぜん割に合わないかも??」って感じでした。

そうなんです。

私も自分の給料には不満があります。

「よくこんなことやるよなあ、私って」と思うこともしばしばです。

でも看護師の仕事は好きですからやめるつもりはないのです。

だからこそ自分の働きぶりを、自分がやっている仕事の内容をしっかり理解してくれて、きちんと評価してくれる職場を探しているのです。

努力をした結果、しっかりと結果を出したならばきちんと評価してもらえなければモチベーションはキープできませんし、プロの仕事なら誰もがそう思うものです。

「職業に貴賎なし」という言葉があるように、どんな仕事でもその仕事を必要としている人がいるからこそ、お給料がもらえるのですが、やはり誰にでもできるわけではない仕事、特殊な技術や才能が要求される仕事というのはそこで仕事をする人もシビアに自分がどう評価されているかを見ていると思います。

ですから私は現在の年収の15%程度はアップできると考えていますし、看護師の転職支援会社のコンサルタントさんとの面談でも年収アップは十分可能だといわれました。

もちろん先方はビジネスライクに考えている部分もあるでしょうけれども、私は自分の市場価格を確認する意味でも冷静に自分を必要としてくれる職場を探すつもりです。

2014年2月24日|

カテゴリー:転職活動

看護師が転職を考える時

実は私の病院には私の同期の看護師で私と同じように転職を考えている同僚がいます。

彼女は仕事つらくて転職を考えているのではなく、環境を変えてみたい、もう少し違う分野のスキルも磨いてみたいという理由だそうです。

こういった前向きな理由の転職って看護師には珍しいようで、私が先日登録した看護師の転職支援会社のコンサルタントの話では、看護師の転職理由の第一位は職場の人間関係なのだそうです。

その他には看護師としての仕事に自信をなくして迷った末に看護師をやめることは思いとどまり、ゆったりとした気持ちで看護師としての仕事をもう一度見つめなおしたいというケースも多いそうです。

とくに新人看護師、あるいはまだ看護師となってからそれほど年数もたっていない方が患者さんの急変に立ち会いショックを受けて自身もなくしてしまうというケースです。

私の同僚は新人時代に吐血を伴う患者さんの急変にかなり強烈なショックを受けて、このまま看護師を続けられるのだろうかと真剣に思い悩んだそうです。

看護婦の中にはめぐりあわせの悪い人がいて、毎回臨終にあたってしまう人や急変を見つけてしまう人、吐血・下血にあたる人など気の毒ともいえる人がいるのです。

これは半年か1年か周期的に変わるように思えます。

「最近、わたしって夜勤でツキまくってるのよね」と看護師同士の会話がなされたなら、それは夜勤のたびに急変にあたっているという意味です。

新人時代に夜勤でツキまくってしまったために自信を無くしてしまうという人もいれば、めげずになんとか歯を食いしばって自分の肥やしにして1年後にはたくましく成長しているなんて言う看護師もいるのです。

それはともかく看護師が転職を考えるのは1年目が終わった時点と3年目が一番多いようですね。

やはり3年目になると自分のキャリアプランを真剣に考える人もいますし、客観的に自分を見つめる余裕も出てきて冷静に自分というものを考えるからかもしれません。

そんな時こそ、自分が看護師としてどうありたいのか、自分の人生の中で看護師という仕事をどう位置付けるかにきちんと向き合う必要があると思うのです。

2014年2月16日|

カテゴリー:転職活動

2回目の転職を決意

2回目の転職を決意した看護師奈々子です。

今年で看護師9年目です。

看護学校を卒業してすぐに大学病院に就職しそこで3年間勤務しました。

内科の病棟勤務でひととおり経験してその後実家の近くの総合病院で急性期病棟に配属され現在に至っています。

今回、転職を考えたのは何といってももう少し余裕をもって仕事がしたい、もっとゆったりとした気持ちで患者さんに向き合いたいと思ったからです。

今の職場はとにかく忙しく、夜勤は月間8回でまあいろいろとストレスはたまるわけです。

もちろんストレスがたまる仕事であることは看護師を目指したころから承知の通りですから、これだけが転職を考える理由ではありません。

そもそも私が大学時代に看護学校に進学することを決めたのは助産師になりたかったからです。

当時から私は女性の人権と女性の尊厳について非常に興味があり、女性の体の関する諸問題にもとても関心がありました。

私の祖母の時代には女性は子供を産む道具のような理解をされてきたこともあったと聞いてこれは女性の体がいかにその女性のものではなく、いかに道具として扱われてきたかと思わざるを得ませんでした。

そんな思いがあった私は何か女性の生き方の根源にかかわる仕事がしたいと思ったのです。

そして出産だけでなく避妊や女性特有の健康上の相談にも乗れる助産師という仕事に興味を持ちました。

その後いろいろな事情もあり、助産師とはならずに看護師になりましたが、身体について知ることは自分を知ることだと今でも強く実感しています。

看護師は助産師と違い、健康面で何らかの問題を抱えている人と関わります。

とりわけ病院に勤務する看護師は入院が必要とされる病状により深刻な問題を抱えている人です。

看護師は病気についての知識を持っていなくてはならないのはもっともな話ですし、そのためにも健康な身体とはどういう状態なのかを知らなくてはなりません。

看護学校での3年間はまさにそうした勉強を積み重ねる日々です。

しかも医学は日進月歩で進んでいますから、看護師となってからも日々勉強が必要となってきます。

だからこそ、目の前の仕事にある程度の余裕を持って取り組みたくなるのです。

それが転職を決意した動機と言っていいでしょう。

2014年1月15日|

カテゴリー:転職活動